コンテンツ翻訳ローカライズ

~日本のコンテンツを台湾で配信~
ゲームローカライズ 62タイトル 約18,000,000文字の実績

※タイトルの一部ローカライズサポートを含みます。
※2017年6月21日時点での数値です。


    実績豊富なコンテンツローカライズ部門プロジェクトチームが、コンテンツの世界観をそのまま台湾ユーザーにお伝えいたします。またお客様のニーズにあわせて、ローカライズ完全委託や一部委託、あるいはコストを抑える校正なしのリソースのみのご提供など、柔軟にご対応いたします。
ゲームローカライズ・言語テスト・言語チェック(リンギス
ティックテスト)もお任せください【詳しくはこちら】

◆ 実績例

ゲーム・アプリローカライズ

◆ our customer

ドラマ字幕翻訳

台湾公視様・毎日放送様

人気のドラマ「深夜食堂」の中国語字幕一部をお手伝いさせていただきました。

◆ 安心の作業フロー

    二つの作業フローをご用意いたしております。ご予算や納期に応じてご検討ください。
    Plan A.校正無し(翻訳のみ):お客様側で最終校正、校閲され、校了原稿を作成される場合
    コーディネーターおよび翻訳者のみでプロジェクトチームを編成いたします。弊社のほうでは校正者を入れず、翻訳のみの原稿をご納品いたします。コストを抑え、納期を短縮する作業フローです。


    Plan B.校正有り:弊社で校正、校閲まで行い、校了原稿をご納品する場合
    弊社のほうでコーディネーターのほか、プロジェクトマネジャーを筆頭に、校正者、翻訳者でプロジェクトチームを編成。校正、校閲込みの完成された原稿をご納品いたします。

 

◆ 安心の高品質

  • ■ 精鋭トランスレーターたちによるプロジェクトチーム
    約1%の難関をくぐり抜けた精鋭翻訳者と約10年のキャリアを持つ社内QAスタッフが綿密なコミュニケーションを取りながら、ローカライズ作業を進めていきます。

  • ■ コンテンツの世界観をそのまま伝える品質へのこだわり
    作業に入る前に、ファミリアライゼーション、オリエーテーション、キャラクター設定の確認などプロジェクトチームで情報を共有。作業をしながら、用語集の作成、用語や表現の統一を行い、フィードバックや用語集などで質疑応答の情報も随時更新、メンバー全員で共有していきます。

  • ■ コスト重視のお客様へのコストカットプランのご提供
    お客様のほうでプロジェクトマネージャーを設けられ、校正などをされる場合は、トランスレーターのリソースのみのご提供も可能です。用語統一のための共有クラウド用語集は弊社のほうで設定いたします。

  • ■ 翻訳後のリンギスティックチェック
    当社は社内にセキュリティ完備のLQAルームを設けております。実機に落とし込んだ後のリンギスティックチェック(テキストチェック)までフルサポート。もちろんレポートは日本語での提出が可能です。